■HOME  ■お問い合わせ  ■ 手作りごはんブログ  ■猫さんの健康・元気のためのブログ






猫さんの快適生活のためのご提案、猫さんの習性のご紹介など。
猫さんの、しあわせのたね



NO.12
手作りごはんは、栄養バランスがくずれる?



手作りごはんは栄養バランスがくずれて、犬や猫が病気になってしまうんじゃないですか?と聞かれることがあります。


そうお考えになる気持ち、とてもよくわかります。


私も、そう思っていた一人ですから。


キャットフードのラベルには「総合栄養食」と書かれていて、 さらにその付近には「このフードと新鮮な水だけで十分」と記されているのですから、


これでいい これがいい これ以外、あげちゃだめ、という思考になりますよね。


でも実際のところ、手作りごはんを12年間食べている我が家の猫たちは、いたって元気。
病気知らずで過ごしてくれています。


ごはんを作る際、栄養バランスに気を配っているかといえば、答えは「いいえ」です。


キャットフードに関して言われている「栄養バランス」がどういう意味なのか、を知ると、栄養バランスへの不安がなくなります。


「なぁ~んだ」という感じで、自信をもって、手作りごはんを続けることができるようになりました。


手作りごはんで栄養バランスがくずれて、病気になってしまう、という説が本当なら、我が家の猫たちは、もうとっくに病気になって、苦しんでいるかもしれません^^


大丈夫、大丈夫。 手作りごはんで病気になるなんてことはありませんし、難しいものでもありません。


私が作ったごはんを、おいしそうに食べてくれる猫たちの様子を見ることで、「おいしいごはんを食べる楽しみをあげられている」と感じる、自己満足的な気分も、嬉しいものです。


下の写真は、たまご、小松菜、桜えび、しめじ等をいれたチャーハンに、市販の猫さん用レトルトパウチをかけたもの。


手作りごはんへの切り替えの際、このように、猫さん好みの香りづけがされているレトルトパウチごはんを併用していただくのもおすすめです。





猫さんと、皆様の毎日がしあわせでありますように。
鈴木美由起


猫さんの「食」についてのセミナー、開催しています。
■ペットフードって何?
■ペットフードのメリット・デメリット
■手作りごはんのメリット・デメリット
■あげないほうがいい食材についての考え方
■手作りごはんの量と作り方
■手作りごはんで得られる「いいこと」いろいろ
など、猫さんの健康・元気のための「食」についてのお話です。
実際の調理をご覧いただき、「簡単!」を実感していただけるセミナーです。


■「ペット食育講座」のご案内>>


<<前の「猫さんの、しあわせのたね」へ 次の「猫さんの、しあわせのたね」へ>>

  「しあわせのたね」トップへ>>