■HOME  ■お問い合わせ  ■ 手作りごはんブログ  ■猫さんの健康・元気のためのブログ






猫さんの快適生活のためのご提案、猫さんの習性のご紹介など。
猫さんの、しあわせのたね



NO.40
高温多湿な時期、ペットフードのつぎ足しはやめてくださいね。






「好きな時に好きなだけたべて」という優しい想いから、お皿に入れたドライフードが少なくなるたび、そのお皿に新しいフードを入れてあげて、常にいっぱいにしてあげている、という方、案外多いのではないでしょうか。


猫さんへの、優しいお気持ち、よくわかります。
猫さんには、常にお腹が満たされた状態で、しあわせでいてほしい、という想い、私にもあります。


ただ、このつぎ足しについて、とても気になるのは、「洗っていない、いつも同じ器に」という点。


猫さんがフードを食べる際、実際に口に入るフードのまわりのフードも唾液でぬれてしまうはず。


お口に入れたフードも、カリッと噛むことでくずれてしまい、そのかけらが、お皿の中に入ってしまうこともあるでしょう。


その、ぬれた粒は、器に残っている粒もしめらせてしまうため、カビの発生の原因にもなりかねません。


また、残された粒に、猫さん自身の口内細菌が付着することで、フードには、みるみるうちに細菌が増えてしまいます。


暑い時期、湿気の多い時期は、特に、です。


フードのつぎ足しは、衛生的にも、健康的にも、問題あり、と感じています。


いつでも、「好きなだけ食べさせてあげたい」というお気持ちをお持ちなら、食べきりの量を準備して、都度、お皿をこまめに洗ってあげましょう。


これなら、常に清潔な状態にしてあげられます。


お出かけで、お家を留守にしがちな場合は、猫さんが食べきれる量のフードを入れたお皿を複数、用意してあげるといいかもしれません。


猫さんが、カビや細菌が付着したごはんを食べるなんて、考えただけでぞっとします。


猫さんの健康のため、フードのつぎ足しはやめましょう。


猫さん自身も、ちょっとしめったフードより、カリッと乾燥しているフードのほうが、おいしいと感じてくれるのではないでしょうか。






猫さんと、皆様の毎日がしあわせでありますように。
福猫本舗・鈴木美由起



<<前へ 次へ>>

  「しあわせのたね」トップへ>>